歯科助手は免許が必要ないので未経験でもできます

歯科医になるには免許が必要ですが、治療の手伝いをしているスタッフは免許が必要ありません。

歯科助手は先生の指示によって治療の手伝いをしていますが、手伝いだけではなくて受付や会計業務をすることもあります。

歯科助手をしながら免許を取得する勉強をしているスタッフも沢山いますが、免許を取得することは非常に大変なことです。

しかし、歯科助手は免許を持っていないので、直接治療を行うことは法律で禁止されているため、手伝いしかできません。

歯科助手の求人は多数あり、未経験の人でも就職ができるお仕事です。
助手をしながら衛生士の資格を取得する人もいますが、衛生士の資格を取得すると高収入を得ることが可能です。

表参道の歯科の情報を得られます。

先生の手伝いをすると言っても患者さんにかかわるため、接客業になるお仕事です。

接客業のために愛想が良い人の方が向いていますので、高収入を得る目的だけでは勤まらないお仕事なので、直ぐに辞めていく人も多くいる業界です。

安心をコンセプトにしたNAVERまとめの便利な情報を集めたサイトです。

先生の手伝いをすることが仕事ですが、最初から手伝いができるのではなく、最初は受付などの簡単な業務から始めてお仕事を覚えていきます。

受付業務ではパソコンも使うので、パソコンが使えることが採用の必須条件になるでしょう。



受付の業務をマスターすると先生の助手としてお仕事ができますが、助手をするには先生に信用してもらう必要があります。


そのために、受付業務も確実に行い、自分から積極的にお仕事をする姿勢が必要になります。